STAFF BLOG

2016.06.27

健康と美容にいい ”枸杞酒”(クコ酒)

クコの実は「ゴジベリー」と呼ばれ、いま日本でもスーパーフルーツとして注目されています。古い薬学書である「神農本草経」にも記載があり、中国では昔から体質を改善し、延命効果や不老長寿、精力増進効果があるとしてよく知られ、薬食同源の果実として珍重されています。

IMG_4086

クコの実には100種類以上の栄養が含まれているとされ、カロテノイドやビタミンC、ビタミンB1・ビタミンB2・リノレン酸・アミノ酸・鉄分やカルシウムなどの各種ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど美容にも健康にも嬉しい成分がたくさん含まれています。

枸杞(修)

また、クコの実を国台酒などのお酒につけた枸杞酒(クコ酒)はアルコールの効用もあって、血圧を安定させたり、疲労回復や健胃、不眠、補温、鎮咳、解熱、足腰の弱り、免疫力向上などにも効果があります。毎日の健康養生にクコ酒を適量に飲むことをおすすめします。

袋装(修)

■枸杞酒(クコ酒)の作り方
【材料】クコの実(乾燥) 50g
    国台酒(他の酒でもOK) 300ml 
※お酒は35度以上のものをおすすめします。
1)広口ビンを用意し、熱湯消毒する。
2)ビンにクコの実を入れ、国台酒を注ぐ。蓋をして軽く揺すり、なじませる。
3)冷暗所に保管し、2~3日は1回ビンを軽く揺すり、クコのエキスの浸出を促す。
4)約7日間ほど寝かす。

■飲み方
薬用酒ですが、食前酒としても良く、就寝前に飲むのも良いです。1~2杯(15~30ml)が良いでしょう。
1日に2~3回飲んでも良い。酒に弱い方はロックにするとか、水か何かで割っても飲みやすいです。
漢方薬のにおいが気になる人は飲むときにレモンを少量絞って加える方法もあります。また、はちみつや氷砂糖などの甘味料をお好みで入れても良いでしょう。
泡水(修)

■健康ポイント
 ◇老化防止・美肌作りに
 ◇冷え解消・代謝アップ
 ◇女性のホルモンバランス不調に
 ◇現代人の目の疲れに

国台クコ2

IMG_4090

海报53-1

海报38-01

※飲酒は20歳になってから。妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。