STAFF BLOG

2019.04.24

ロコモは高齢者だけの問題じゃない!まずはチェックしてみましょう

皆さんは「ロコモ」という言葉をご存じですか?
メタボに続く国民病ともいわれている「ロコモ」ですが、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称です。
骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害をきたしている状態のことをいいます。進行すると要介護や寝たきりになるリスクが高くなります。

locomo

ロコモは高齢者だけの問題じゃない!

足腰の衰えというと、高齢者の問題だと思われがちですが、実は40代の5人に4人はロコモ予備軍ともいわれています。ロコモにならないために、若いうちから運動習慣をつけましょう。

まずは、チェックしてみましょう。最近、こんな様子はありませんか?
ひとつでも当てはまればロコモの疑いありです。運動と食事で予防・改善をしましょう。

□ 片脚立ちで靴下が履けない
□ 家の中でつまずいたり、滑ったりする
□ 階段を上るのに手すりが必要
□ 家のやや重い仕事(掃除機がけや布団の上げ下ろしなど)が困難
□ 2kg程度(1Lの牛乳パック2本程度)の買い物をして持ち帰るのが困難
□ 15分くらい続けて歩けない
□ 横断歩道を青信号で渡りきれない

※最近、急に足腰の調子が悪くなった、痛みがある、健康や体力に対する不安がある、
また現在、運動器で医師にかかっている方は、医師の診断や指導を受けるようにしましょう。