STAFF BLOG

2017.02.21

「春眠暁を覚えず」にはプーアール茶

haru_diet02

春は目覚めが悪かったり、昼間もついウトウトしてしまいますね。

どうして春は眠いのか?春になって眠気を感じるようになるのは、ごく自然な生理現象だそうです。

冬から春に移り変わるこの時期は天気も変わりやすく気温差が激しいため、体の働きを調節する役目の自律神経は急激な気温差にバランスを乱しやすくなってしまいます。
自律神経を乱すと体のオンとオフが出来ず、その影響で昼間に睡魔がやってきたりするそうです。

また、暖かい気温の影響で、皮膚表面の血流量が増え血圧が低下し、その結果、脳の血流が減ります。脳の血流が減ると脳が酸素不足になり眠くなるそうです。

imagesYSVN6OEP

◆解消法として、まずはプーアール茶がおすすめです。

プーアール茶に含まれる有用成分は脳を覚醒させ目をスッキリさせます。
また、プーアール茶は温性なので、胃腸を温め丈夫にしてくれます。

しかも、ディーピュアプーアール茶に含まれているカフェインは、臨床実験において睡眠障害になりにくいとの結果がでております。

茶吧

◆眠気覚ましのツボマッサージも良いですね。

中指の爪の、人差し指側の生え際から2ミリ程度下にある「中衝」。
逆の手の親指と人差し指で、中指をつまむようにして強めに押しましょう。
mig1

手の甲側の、親指と人差し指の間、筋肉が盛り上がっているところが「合谷」。
逆の手の親指と人差し指で挟みこむようにして強めに押しましょう。
118

◆軽い体操やストレッチで体を動かすことも脳をしっかりと目覚めさせるためには効果的です。

◆休憩時間に少しの仮眠で効率アップできます。
ただし、30分以上の仮眠はNG!30分以上の仮眠をすると、「睡眠慣性」が強く働き、起きた後もしばらく眠気が続いてしまいます。

0brt000358700338