information

2014.08.28

TASLY JAPAN講師陣は天士力グループ本社主催の研修に参加した。

8月19~21日、TASLY JAPAN講師陣一行は天士力グループ本社主催の研修に参加した。
初日は大健康展覧体験館及び所蔵博物館を見学した。
20日は健康管理センターが自主研究開発した“中医学総合健康診断システム”を体験した。
まず、健康管理センターの責任者よりシステムの設計理念及び検査項目などの説明を受け、“網膜診断”・“経絡診断”・“自動舌診面診”・“自動脈診”の四項目を中心に各々検査を受けた。検査終了後、講師たち一人一人がドクターより健康診断を受け、さらに養生に関する提案を聞き、体験後は「百問は一見しかず!現代中医学の真髄を身をもって実感した!」などと皆様から喜びの声を頂いた。
“中医学総合健康診断システム”について、天士力グループ閆希軍会長は「伝統的な中医学では、望診・聞診・問診・切診(脈診のこと)の診断法による分析診療だったが、最新科学技術・実験及びビッグデータ分析により、中医学理論及び中医医師の長年の臨床経験をデジタル言語(数値)に変換するので、言葉を超えて外国の方でも理解できるようになる。」と語った。
その他、大健康産業“五つの柱事業”のうち、薬品・水・茶・酒について、それぞれ天津本社の担当講師より事業内容及び製品について講習を受けた。
最終日には国際会社戴標社長より企業の理念と文化及びチーム作り、革新の精神、リーダーとしての在り方などのプレゼンテーションを受けた。
このような講師研修は今後も定期的に行う予定である。