information

2016.08.10

福岡で「2016 TASLY JAPAN 真夏の祭典」を開催

8月6日、ホテル日航福岡にて「2016 TASLY JAPAN 真夏の祭典」のイベントが開催されました。当日は、本社より天士力グループ副総裁/児童教育健康産業グループCEOの趙騫社長、天士力グループ国際会社范浩副社長らが出席、全国各地より集った300名近くのエージェントで埋め尽くされ、2016年下半期に向けての盛大な大会となりました。
開会にあたって株式会社TASLY JAPAN代表取締役社長 韓玉麟が開幕の辞で「エージェントの方々と一緒にタスリーの大健康の夢を持って、その夢の実現に向けて頑張りましょう。『国台酒』が日本の皆様にも受け入れられ、白酒の文化を日本、そして世界へ伝えたい。」と挨拶。さらに今回来日した趙副総裁が紹介され、趙副総裁からは「タスリーのグローバル化の実現には、日本は重要な拠点として注目されています。『Deepureプーアール茶』は既に日本の皆様に愛飲され、『国台酒』も主力製品の一つです。私が日本に来てから、村山元首相や鳩山元首相と一緒に『国台酒』と『プーアール茶』を飲みました。大変好評でした。『国台酒』も日本で受け入れられると確信しました。今後、タスリーの児童教育及び健康事業が日本でも展開され、世界へと羽ばたくと信じています。」との挨拶がありました。
次に今大会のメインである小澤国際認定講師により、現代社会の本当の予防医学、食育の大切さ、そして命の質を高める養生文化の大切さについての「養生講演」が行われ、講演の最後には医療ジャーナリストの大久保善健先生が紹介され、医療ジャーナリストの見地から現在医療に関してのスピーチがあり、統合医療の重要性などを学ぶことができた講演となりました。
その後、俳優の千葉真一さんが出演する『国台酒』の販売促進用の映像がスクリーンに映され、そして会場に千葉真一さんが登場。司会より千葉真一さんの『国台酒』のブランドアンバサダーの就任が紹介されました。千葉さんの音頭で『国台酒』の発売と大会を祝して全員で乾杯が行われました。
『国台酒』を飲みながら会食が進む中、今年上半期に優れた業績を収めたエージェントの表彰式が行われ、登壇した范浩副社長は「Deepureと『国台酒』はタスリー大健康産業の主力製品です。今後はもっとたくさんの良い製品や医療療養施設なども日本で展開していきたい。また、日本は健康長寿の国で、たくさんの良い製品があります。それらを導入してタスリージャパンを通して世界へと展開していく予定です。タスリージャパンは来年10年目となります。今後、10年、50年、100年とさらに大発展するよう一緒に頑張りましょう」と挨拶があり、TASLY JAPANの更なる発展を期待されました。
大会の最後は、小澤国際認定講師と中国本社のスターロードに足跡を残された下津浦統括の挨拶があり、両名に花束が贈呈されて2016年下半期の活動に向けて歓喜あふれる有意義な大会は円満に終了しました。
今回の「2016 TASLY JAPAN 真夏の祭典」では、“命の質を高める養生”の大切さとともに、5年後、10年後のTASLY JAPANの将来像や、児童教育健康事業などタスリーの大健康産業の未来を大いに学び語った大会となりました。この大会を機に夢に向かって挑戦していくTASLY JAPANの今後にご期待ください。
最後になりましたが、今大会を企画・運営してくださった下津浦統括をはじめ、大会を陰で支えてくれたスタッフの皆さまに深く感謝いたします。