information

2014.02.03

プーアール茶が有機加工規格に適正と認められました。

2014年2月、中国雲南天士力社が生産したプーアール茶が、日本、アメリカ、ヨーロッパ諸国及び中国において、有機加工規格に適正と認められ、それぞれ各国にて認定書が発行されました。

日本の「有機JASマーク」とは、農林水産省が定めている有機加工食品の日本農林規格であり、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品等に付けられています。

なお、現在日本で販売しているディーピュアプーアール茶については、上海SGS(中国・上海にて検査・認証・検品・検証における最大手企業)にて、日本・アメリカ及びヨーロッパ諸国で定められている残留農薬測定基準など、315項目もの検査を行い、全て有機加工食品の基準に達しました。“ディーピュア”の名の通り、“ディープ・ピュア”「深く、きれいに」の特徴が改めて証明されました。