information

2015.06.12

「2015大健康文化と産業発展国際フォーラム」ミラノで開催

2014年初めて開催された「大健康文化と産業発展サミット」を受け、2015年ミラノ国際博覧会の「TASLY デー」に当たる6月7日、中国の中国中医薬学会、ヨーロッパよりイタリア医薬協会、大健康分野の専門家、研究者、政府代表、企業の関係者400名余りが参加し中国企業連合館と共に「2015大健康文化と産業発展国際フォーラム」を開催しました。

フォーラムでは、中華中医学会副会長、天士力グループ会長、ミラノ万博中国企業連合館名誉館長の閆希軍、ミラノ万博中国企業連合館執行委員会の陳安杰氏、イタリアロンバルディア州政府文化・衛生・工業の副主席Mass iom Caravaglia博士にご挨拶をいただいた後、北京大学公共衛生学院、中国栄養学会慢性病分会の王培玉主任、中国統合医療学会神経科専門委員会の韓景献氏、オーストリア中国天然薬物副編集長のRudolf Bauer教授、米国オレゴン州生物免疫器官(NIS)実験室主任のGitte Jensen氏、米国自然療法医者協会取締役Carrie A. R. Runde氏などの専門家の方々と統合医療や健康管理システムおよび養生健康茶としての『Deepureプーアール茶』の効果・効能について活発な意見交換、学術発表を行いました。

今回のフォーラムの成功は、大健康の文化と産業の国際交流および発展の新たな1ページとなり、さらに今後、世界が一つになって大健康ブームが発展していくことを予感させる機会となりました。また、TASLYグループのフォーラムの開催に対して中国企業連合館の実行委員会より中国企業連合館唯一の中国医薬民営企業として社会に対しての企業使命感や役割を十分果たしていると大いに評価されました。

フォーラムを飾る最後として、ミラノ万博を通してTASLYの『Deepure』のヨーロッパ初上陸の会見が盛大に行われ、健康茶の歴史に新たな1ページが刻まれました。