information

2015.11.09

「天士力(Tasly)生命科学賞」を表彰

11月1日、京都大学百周年時計台記念館において「中国留日同学会創立20周年記念祝賀会」が盛大に行われました。
今回の祝賀会で発表された表彰者の研究論文の多くは、世界的にも権威がありトップレベルの国際ジャーナル誌「nature」や「Science」、「nature materials」などに掲載されています。
その中でTASLYは2人の科学者に「天士力(Tasly)生命科学賞」を授与。2人は「TSPO-PTEによる肝疾患画像診断法の開発及び発生機序の解明に関する研究」と、「ヒトヘルペスウイルス6Bの感染時に働く受容体(CD134)」という論文をそれぞれ発表。これらの論文が医学界において多大な貢献をしたことによる受賞となりました。
この日の祝賀会には、本社天士力グループ副総裁/国際会社社長 呉丹勇をはじめ、国際会社副社長 范浩、株式会社TASLY JAPAN代表取締役社長 韓玉麟が出席。その中で呉丹勇副総裁が「天士力生命科学賞」の授賞者を表彰するとともに、「天士力グループの理念は“天人合一”を求め、命の質を高めるということであり、中国研究員と在日留学生たちは幅広い分野で努力して頂き、素晴らしい成果を期待しています」と祝福しスピーチを行いました。
今回行われた「中国留日同学会創立20周年記念祝賀会」は日中友好のため、また優れた学術研究の成果を表彰するため、日本中国友好協会などの団体・グループが後援・協賛をしています。
TASLY JAPANも中国留日同学会の日中友好・学術研究交流の趣旨に大いに賛同して参加いたしました。
今後もTASLY JAPANは日本においてCSR活動の一環として企業イメージの浸透を図るとともに、このような社会貢献活動を積極的に続けていきたいと考えています。