Contents

あなたはどの体質ですか? 体質チェックシート CHECK!

漢方のちから、その最大の武器は、「未病を治す」にあり

病気の芽を摘むのが「未病を治す」こと。中国の中医学の古典書には、「優れた医師は病状が現れないうちに心身のアンバランスな状態を見抜き、病気の芽を摘み取る」と言った意味のことが記されています。

つまり、漢方のちからの最大の武器は、「未病を治す」こと。
そのために、知っておきたいことは、自分の体質。4つの体質のうち、自分はどの体質なのかを知ることから、始めましょう。それが、漢方のちからを最大限に発揮させることにつながるのです。

知っておきたい。4つの体質「補・捨・流・調」

中医学の専門書には人の体質には約120タイプもあると記されていますが、その中でも、現代人に多く見られるのが、「補・捨・流・調」と言われる4つのタイプです。
4つの体質のうちの、どれに当てはまるのか――。
これが分かれば、かかりやすい病気も分かり、適した食べ物も分かります。
そう、漢方のちからを活用する手立てになるのです。
今すぐ「体質チェックシート」で、あなたの体質を知りましょう。

Check START!

疲れやすい
太りやすい
お通じの悩み
冷え症
むくみ
肌荒れ、しみ、くすみなど
肩こり
頭痛
そのほかの見られやすい症状

結果を見る

虚弱タイプ[ 不足タイプ ] 補 からだにとって必要なものが不足しがちな体質

よく見られる症状

  • ・疲れやすい
  • ・食欲不振
  • ・頭がぼっとする
  • ・唇が荒れる
  • ・動悸

かかりやすい病気

  • ・慢性胃炎
  • ・消化不良
  • ・貧血
  • ・心臓神経症

積極的にとりたい食べ物

  • ・あなご
  • ・小松菜
  • ・いちご
  • ・しいたけ
  • ・いわし
  • ・さやいんげん
  • ・えび
  • ・リンゴ
  • ・かき
  • ・大豆

過剰タイプ[ ため込むタイプ ] 捨 からだにとって余分なものをため込みやすい体質

よく見られる症状

  • ・手足がだるい
  • ・頭が重い
  • ・関節痛
  • ・むくみ
  • ・体重増加

かかりやすい病気

  • ・高脂血症
  • ・高血圧
  • ・肥満
  • ・湿疹
  • ・ぜんそく
  • ・慢性関節リウマチ

積極的にとりたい食べ物

  • ・クレソン
  • ・セロリ
  • ・ごぼう
  • ・大根
  • ・小松菜
  • ・ワカメ
  • ・せり
  • ・みょうが

停滞タイプ[ どろどろタイプ ] 流 からだのなかの流れが悪い体質

よく見られる症状

  • ・皮膚がかさかさ
  • ・冷えやのぼせ
  • ・腹部膨満感
  • ・イライラ
  • ・胸苦しい

かかりやすい病気

  • ・狭心症
  • ・脳血管障害
  • ・うつ病
  • ・慢性肝炎
  • ・自律神経失調症

積極的にとりたい食べ物

  • ・青じそ
  • ・にら
  • ・あさり
  • ・ピーマン
  • ・あじ、いわし
  • ・桃
  • ・春菊
  • ・れんこん
  • ・セロリ
  • ・ワカメ

不均衡タイプ[ アンバランスタイプ ] 調 心身や自律神経、ホルモンのバランスが不安定な体質

よく見られる症状

  • ・手足が冷える
  • ・めまい
  • ・眠りが浅い
  • ・頻尿

かかりやすい病気

  • ・糖尿病・不眠症
  • ・前立腺肥大
  • ・更年期障害
  • ・甲状腺機能低下症

積極的にとりたい食べ物

  • ・あなご
  • ・さつまいも
  • ・いちご
  • ・セロリ
  • ・いわし
  • ・大豆
  • ・えび
  • ・にら
  • ・かき
  • ・山芋

漢方治療と西洋医学の流れ

西洋医学の治療
漢方治療
未病の第1段階
  • ● 偏った食生活
  • ● 運動不足
  • ● 過多の飲酒
  • ● ストレス など
  • ● 喫煙
未病の第2段階
  • ● 肥満
  • ● 高脂肪
  • ● 高血圧
  • ● 高血糖などの各症状
生活習慣病
  • ● メタボリック
    シンドローム
  • ● 肥満
  • ● 糖尿病
  • ● 高血圧症
  • ● 骨粗しょう症 など
重 症
  • ● 脳卒中
    (脳出血・脳梗塞)
  • ● 糖尿病の合併症
  • ● 心臓病
    (心筋梗塞・狭心症)
  • ● がん など

リハビリに期待出来る漢方治療の効果

  • ● ストレスの緩和・解消
  • ● 血流改善
  • ● 自律神経バランスの調節
  • ● 自然治癒力の向上